他の方法も試してみよう | ペットが皮膚炎にかかってしまったときはプレドニゾロンを使おう

ペットが皮膚炎にかかってしまったときはプレドニゾロンを使おう

他の方法も試してみよう

「他の方法も試してみよう」のフォトイメージです。

ペットを悩ませる皮膚炎の症状を緩和してくれるプレドニゾロンですが、プレドニゾロンは効果が高い分、副作用も様々なものがあります。
そのため使うときは注意が必要で、獣医師から正しい使い方を教えてもらってから使用する必要があります。
ペットが皮膚炎にかかってしまったときはすぐにプレドニゾロンに頼りたくなる人もいますが、皮膚炎の治療方法はプレドニゾロンの服用以外にもあります。
あまり長期間プレドニゾロンを飲ませると今度はクッシング症候群などの副作用に悩まされてしまうことになるので、その他の治療法も覚えておきましょう。

ペットの皮膚炎の治療法で、簡単に行うことができるのは薬用シャンプーでの薬浴です。
薬用シャンプーは特にマラセチア皮膚炎などの皮膚炎に対して効果的で、マラセチア皮膚炎になったときはプレドニゾロンではなく薬用シャンプーを使ったほうがいいかもしれません。
通販でも薬用シャンプーを購入することはできますし、いつものシャンプーと同じように使うことができるので、難しいこともありません。
プレドニゾロンの副作用がどうしても不安と感じる人は、薬用のシャンプーも購入して手元に置いておき、プレドニゾロンを使わなくても治せそうな皮膚炎には薬用シャンプーを使うようにすると安心できるかもしれませんね。
プレドニゾロンは便利な分、副作用があることもしっかりと理解し、ときには他の方法と使い分けながらペットの皮膚炎を治療していきましょう!